「内から外」というテーマが哲学的と評されて少し驚き。なぜなら自分ではそんなこと感じたことなかったから。哲学は苦手だと思っている自分がいる。

Takeshi Kakeda @tkskkd