体内の細菌も含めた有機体の全体としての自分、組織という有機体の一員としての自分、そして地球という有機体の一部としての自分。自分という存在は有機体の部分であり全体であり、どれ一つとして独立して存在し得ないということに気づくことで人はどのように変われるのだろうか?

Takeshi Kakeda @tkskkd