アジャイルなチームや振る舞いは動的な状態であり、組織のビジョンに向かい続ける適応プロセスであるのと同じように、個人の健康も動的な状態であり、その人の生きる目的に向かい続ける適応プロセスである、という仮説を持っていたが、どうやら医療分野としてもそのような方向に向かっているようだ。

Takeshi Kakeda @tkskkd