対立軸で語るようになった時には常に対立ではなくANDの状態を考えてそこを目指す。止揚を通じての正反合であり、超越解、妥協ではない落とし所。パタンは超越解。

Takeshi Kakeda @tkskkd