世界に絶望し、何の希望もない人が、それでも前に向かって行こうとする様が、真の意味での「でも、やるんだよ」なのだろうな、と内海聡さんの本を読んで感じた。

Takeshi Kakeda @tkskkd