走る時間や余裕がないときはHIITやHIIPAをしよう。時間が取れないなら取れないなりに工夫するしかない。理想的ではないが「できることはやった」という状態で本番を迎えたい。

Takeshi Kakeda @tkskkd