現代人は不快を快に変えようとやっきになっているのかもしれないが、不快の奥にある感情の源泉に気づくためにも、不快をじっくり味わうことも大事だと学んだ。痛み、悲しみ、憤り、怒り、妬み、それぞれ不快がどこからやってきて何を伝えようとしているのかに気づくことによって人は更に学ぶことができる。

Takeshi Kakeda @tkskkd