ベルセルク最終巻(?)をゲット。あの子供の正体はあいつだったんかーという驚き。

色々な伏線が回収され始めていく矢先だったのだなあという盛り沢山な巻でした。

続きはもう読めないのかもしれないが、同時代に生きてベルセルクを読めたことは幸せでした。本当にありがとうございました。